2017年9月15日

78.「今この瞬間を取り戻す」の続き


(日めくりブログではないので、途中から読むと繋がらないと思います。21稿までが前置きになります。)

水を飲むシーンに戻りますが、喉が渇くのは体が脳に示す信号であり、欲求です。

その「今この瞬間」の信号を感じているのは「右脳」です。(便宜上、今を感じる右脳としています)

それを思考野/左脳が受け取り、水が欲しいという動機が発生します。

過去に水を飲んだ時のデータから喉が潤う感覚を未来にイメージします。

次に水を飲むため、今している行動をどのタイミングでストップするのが状況的に好ましいのかなどを判断するうちに、どんどん「今この瞬間」から離れていきます。

「今この瞬間」から離れるということは、いつもの話ですが「いい感じ」をキープする主導権を自分から世間にゆだねてしまうことになります。

ここでもし、それらをもう一人の自分が俯瞰できている時は次のような流れになります。

思考は過去と未来を行ったり来たりしていますが、体を維持し、守るための行為ですからこれを否定することはできませんし、しません。

ただ思考だけに任せておくと、現状の都合によっては、我慢したり好ましくないものを飲んでしまったりします。

そういうことになったとしても、この思考と感情を俯瞰します。

俯瞰することで、感情野は中庸中立に近づきますから、ネガティブな反応をしなくなります。

俯瞰されていない場合、感情はなされるがままに反応しています。

そして、思考が助けとなって体を操作し、その体に水分を与える(飲む)ことができます。

飲むタイミングや飲み方などを工夫することで、体が喜びを感じる最良の感覚を受け取ることになります。

思考野はそれを知っていますから、決断すれば行動に移しますが、そこに愛や感謝があるのかどうかを俯瞰します。

ただ俯瞰しているだけですが思考が変化し始めます。

これは常に中庸中立なもう一人の自分が影響して、感情と思考のループが止まってしまうからです。

慣れてくると、意識して思考や感情のコントロールをする必要がなくなります。

そして余裕があれば、飲むための最高の環境を演出します。

最高に吟味された飲み物を用意します。

お気に入りのコップに飲み物を注ぎます。

最終の目的は喉を潤すことですが、一挙手一動の「今」を楽しみます。

結果としての体と脳が受ける感覚は大きく変わってきます。

これに対して、ネガティブが好きな「左脳」ならこう言います。

「こんな小さなことまでこだわるには、時間が足りません」

そうすると、途中の工程を省いて、乾きを抑えることだけが目的になります。

思考だけに任せると、飲み物を飲むまでの時間は短縮されますが、そのほとんどが「今この瞬間」から逸脱してしまい、ネガティブな感情を示していてもそれを修正する術/すべはありません。

ネガティブな感情を放置しておくと、ネガティブなアファメーションを続けることになります。

これもいつもの話ですね。^ー^

そして、思いの具現化にいつもブレーキをかけてしまい、ツキがない人になってしまいます。

それを思考だけで挽回するには、身を粉にするか誰かを裏切るかの選択肢が浮上してきます。

ただ、水を飲むという行為ですが、人生という長いスパンと比較しても、その構造は何も変わらないことが伺えます。

小さなことの積み重ねが人生でもあります。

結果という目的に達するまでの「経過」がいかに大きなウエイトを占めるかは、体験することで分かります。

ポジティブをキープできればシンクロがその通りの変化を始め、結果は大きく変わるのが予測できるようになります。

結果ありきの世の中ですが、結果よりも経過が大切という理由はこの辺にありそうです。


小さな一瞬一瞬を喜べる工夫が、「今この瞬間」を取り戻す一番の早道かもしれませんね。


「小さなことからコツコツと」  ですね(*´∀`*)